道路幅(幅員)は4メートル必要です

たまにこんな工事をしている状況を目にします。

古い家の建替え工事で、建物を壊した後に
その敷地の一部を道路にして道路幅を広げているケースです。

こうしたことをセットバックといって
建築基準法によって建物を建てる土地は
幅4メートル以上の道路と2メートル以上の面で
接していないといけないというものです。

つまり昔のままで狭い道路に面している土地は
そのままの状態では建築許可が下りないということですね。

こうした狭い道路沿いに作られた住宅街は
日本中至る所にまだまだたくさんありますが
火事や地震などの災害時に消防車や救急車が
スムーズに進入できることを考慮すると
少しずつでも建替え時にそうやって
幅員(道路幅)を広げていくことは今後にとって重要でしょう。

しかし4メートル幅を確保するとはいえ
電信柱が連立する日本の道路事情を考えると
幅を広げるだけではなく電線の地中化も視野にいれるべきでしょう。

先日、スマートシティプロジェクトとして建設されている
神奈川県の住宅街を見学に行きましたが
空を覆っている電線がないだけで空が広く見えましたし
家と家の間隔もずいぶんと広く感じられました。

こういった町並みがこれからの理想モデルですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です