両親所有の農地を住宅用地として売り出したい

東京で一人暮らしをしている私(30代・会社員)の実家は
秋田県の某市にある3代続いているコメ農家です。

所有している農地はかなり広く
両親の年齢があがっていくにつれて管理しきれなくなり
いまではほんのわずかです。

それも今年いっぱいでやめてしまおうかという話です。

こういう使われなくなった農地の有効活用というのは
どこでも頭の痛い問題ですが
幸いなことに両親が所有しているのは
住宅地に点在している土地なので
土を入れれば住宅用に変更することが可能です。

なにか私のよく知らない使い方の変更届を
役所にだせば住宅用地として使えるはずです。

それでいま私や兄弟を含めて話し合ってるのが
そこをほとんど売却してしまい
残った土地に賃貸併用住宅を建てて
建物の半分を賃貸用として貸し出して
残りを両親が住めるようにすることなんです。

しかしそこで問題なのが田んぼを埋め立てた土地が
無事に売れるかどうかということですね。

日当たりや風通しはよく、また広い幹線道路にすぐアクセスできる立地で
しかも公共の施設(学校や図書館)も充実しているので
環境的には問題がありません。

問題があるとしたらやはり地震がきたときの地盤の安定性でしょうか。
これはたぶんこれからの時代は誰もが気にするところだと思います。

http://xn--obkn0270a7bat8j1u4a9ll.com/

上記のサイトでも様々なケースで売却困難な事情が語られていますが
希望をもって不動産屋の助けを借りつつ進めていくしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です